逮捕された場合、
合計最大72時間(警察48時間、検察24時間)の身体拘束を受けることになります。

しかし、実際の事件では
本日逮捕されたとしたら、翌日に検察庁に送致されることが多く
逮捕に伴う身体拘束は、48時間程度に留まることがほとんどです。

逮捕後、多くの事件は勾留という手続きを取られることになります。
勾留とは、逮捕に引き続く身体拘束手続きのことで
勾留が決定されると原則10日間の身体拘束を受けることになります。

さらに勾留10日間中に捜査が終結しない場合、
勾留が最大10日間延長される
場合があります。

実務上
事件を否認している場合
関係者が多い事件
パソコン等を使用しその解析に時間を要する事件
覚せい剤関係の事件

などでは、勾留延長がなされてしまうことが多いというのが実情です。

そして、勾留期間の満了に伴って
起訴、不起訴の処分が下されることになります
(処分が保留される場合もあり)。

起訴されてしまった場合、
原則として起訴後勾留という身体拘束が継続してしまいます。
起訴後勾留は、裁判が終了するまで継続すると考えてください。

起訴後、裁判が終結するまでには、
短くとも約2カ月はかかりますのでその期間身体拘束がなされてしまいます(例外あり)。


①警察により逮捕
 (最大48時間の身体拘束)
   ↓
②検察官送致(最大24時間時間の身体拘束)
   ↓ 
→釈放
③勾留決定(原則10日間)→不服申立て(準抗告)→(認容)釈放
   ↓
④勾留延長決定(最大10日間)
→不服申立て(準抗告)→(認容)釈放
   ↓
⑤起訴(約2か月間以上の起訴後勾留)
OR 不起訴処分(釈放)
          保釈請求→(認容)釈放